雪山風?

e0012781_2259489.jpg東山魁夷の「雪原譜」風味。
出来上がってみたらあまり「雪景色」っぽくないな、と思ったけれど。
地面部分をマスキングして、木のスタンプをバランスよく捺します。
地面部分はマスキングした上、VersaMarkを筆で叩き込んで、ピグメントパウダーで着色。
青色がちょっときついな、と思ったのでBRILLIANCEのPlatinumPlanetを筆にとって全体にポンポンとのせていきました。雪で煙っているように見えないかな・・・。
色合いが参考にした絵と違うけれど、最近この緑がかった青色も好きだなぁ。
e0012781_2259720.jpg1981年の展覧会のチケットと今回使った
スタンプ・インク類。
子供のころから行っている展覧会のチケットを集めていたら結構なコレクションになってきました。
<使用スタンプ>Just For Fun
<その他>
VersaFine(DeepLagoon)
VersaMark
BRILLIANCE(PlatinumPlanet)
ピグメントパウダー(ターコイズ)

e0012781_230727.jpgさて、ここにVersaFineとStazOnがあります。
どちらも速乾性で、紙に捺した後すぐに水性マーカー等で着色できる優れものです。
こうやって書くと同じような色の場合どっちかひとつ持っていればいいのではないか、という疑問が湧いてきますね。
ここで私の使用感を中心とした両者の違いについてちょこっと書いてみたいと思います。(ごく簡単に)

それではまずVersaFine
ピグメントインクの仲間。油性。
主に普通紙・カードストックで大活躍!
OHPシートとかプラスチックなどに捺した場合、こすったら色が落ちてしまいます。
細か~い柄のスタンプもしっかり再現して、にじみません。
インクパッドのもちがすごくいい。

そして、StazOn
溶剤性のダイインク。(よく会社で使うシャチハタのインクみたいでツーンとしたにおいが
僅かにあります。)
紙をはじめ、プラスチックから皮までほとんど何にでも色が乗って便利!
紙に押した場合、ものによっては多少にじみます。
ふた開けっ放しにしていたり、たくさん使った場合、インクパッドが乾いてきます。
レフィルインク<インカー>を補充しなければいけません。

簡単にいってこんなところですー。(あくまで私の感想中心ですが、もっと詳しく!という方は
ツキネコサイトにゴー!)

普通紙に押す、ということだけ考えて「少しのニジミも許せん!」といった場合にはVersaFineがいいと思います。私も今回はそんな気分だったので。
まぁいつもは「たまたま手に触れたほう」を使っていますが。
リアル「やまね小屋(作業机)」はいつもカオスです・・・。
[PR]
by yamanenokoya | 2006-11-13 23:34 | インクのはなし
<< ボストンから里帰りの浮世絵たち エッシャー展 >>