カテゴリ:料理( 2 )

トマトソース!

啓蟄から一ヶ月遅れで私も活動期に入りました。
最近はスタンプ以外のクラフトやらなにやらに手を出してブログの更新もご無沙汰に
なっていましたー。
いや、スタンプもチョコチョコ捺していて、いろんなパーツが出来上がっているのですが
一つもカードなどになっていないです・・・。

昨日ある調理器具を手に入れてご機嫌なので、これを機にここ一月のアレやコレやを
記したいと思います~。まず第一弾。(ホント、スタンプ話でなくて申し訳ない)

リストランテ アルポルトのオーナーシェフ・片岡護氏の本「アーリオ オーリオのつくり方」
を読んで以来、氏を我が家の「心のパスタ師匠」として尊敬しております。
(お店にも行きたいのになかなか機会が・・・)
先日、CSで氏の「トマトソースの作り方」を放映していたのをダンナがわざわざ録画して
「これ」と見せてくれたので、「それは作れということかい!まぁいいか」と久々に作って
見ました、が・・・。
なんで最近作ってなかったのかな、ということを忘れていました。
ソースを作った後の「裏ごし」が大変めんどくさいのです。氏はザル状のこし器と木べらで
ホイホイ裏ごししていましたが、非力な私では30分の時間を要しました。
力もいるし、終わったころには疲労困憊していました。
で、「ムーラン」を探そうと思いました。
ムーラン、といってもディ○ニーでも映画の話でもありません。

e0012781_134314.jpgこれですー!!
初めはネット通販で買おうと思ったのだけれど、どういうものかいまいち分からないし、値段も、3千円台から数万円と価格帯が
非常に広いので、お店で見て買おうと思いました。
まずは地元で探そうと思って隣町のデパートに行ってみたのですが無いんですよ。
普通に売ってるかと思ったのに。
ほかにもいろんなオシャレショップも覗いてみましたがありません。
(一箇所だけあったけれど素材と値段のバランスが悪かった)
「私はそんなにまにあっくーなものを探しているのか・・・」とさすがに凹んで、しょうがないので新宿の東急ハンズに行ってみたらありましたよー。最後のひとつをゲットいたしました。

・・・でかいです。優に片手鍋ぐらいの大きさがあります。これでサイズは「小」です。
「小」だからか、鍋のフチに引っ掛ける爪みたいなものが無くて、口の広い鍋の上に置けない
という欠点が判明し、頭を抱えましたが、ソースパンの上に乗せたらぴったりだったのでまあ
いいか・・・と思いました。すごい単純な構造でびっくり、洗いやすくていいですけど。

e0012781_125030.jpgうふふ~できましたよ~。
こすのにハンドルグルグル回すだけなんてなんて便利な!!肩こり知らず。
写真は出来たものの半分の量ですけれど。
今までは、400グラムのトマト缶2缶とたまねぎ1個分ぐらいの量しか作れなかったのですが、これからは倍の量はいけそうです。
基本のソースなので何にでも使えます!
フツーにパスタに使ってもいいし、
バジル入りオムレツにかけてもうまいー!

ピザも作ろうかな~、などと勝手に盛り上がっているのですが、ふと考えてみた。
こういったこし器ってほかにどういう使い道があるんでしょう。
大体こし器といえば「くりきんとん」ぐらいしか思いつかないし・・・。
[PR]
by yamanenokoya | 2007-04-26 01:38 | 料理

「ふぉんだんしょこら」はどうなった?

今日はスタンプとかの話ではないです。
チョコレート色の写真が続いているうちにご報告しておかないと。(え、いらない?)
一応場ヴァレンタインデーに作ったんですよ~。

e0012781_23124576.jpgいろいろレシピを物色してみた結果、「テンパリング」とか面倒そうだったので、チョコレート会社のHPで市販のビターのイタチョコを使う方法を選びました。
30分ぐらいで出来るんですよ~。
見た目は結構良く出来ました。粉砂糖ふってみたらイイカンジだったかも。
右上に写っているのはリンゴのブランデー「カルヴァドス」。だって、「xxxホリック」の侑子りんが「チョコレートにはカルヴァドスよね」といっていたから!(あほですな私)

e0012781_2313116.jpg「中身はトロ~リ」・・・のはずが!!
なんてこったいしっかりスポンジ化しておりました。
いや~スポンジとしてはいい出来なんだけれど、そうじゃなくてそうじゃなくて・・・(泣)
原因はうちのオーブンだと思うんですよね。うちには「ガスコンベクションレンジ」などという、賃貸にしてはゴーカ設備が付いてるんですが(そんなのなくていいから家賃が安いほうが)「オーブン」だけ使いたいときでも常に電子レンジが作動してしまうんです。
ローストチキンなどは、短時間で外はパリパリ、中はふっくら~、の泣くほど旨いのが出来るのでありがたいのですが、お菓子作りのときはいまだに時間とかの加減がわかりません。
レシピには「15分焼く」とあったのですが、短く5分にしてみました。5分でも長かったなんて・・・。このお菓子って結局中身は「生焼け」と考えていいのでしょうか???どうもその辺がよくわかりません。1分ぐらいに設定したら「生焼け」になるのかな?
それとも焼く前のタネが硬かったのかな?へらでかき混ぜると「たぽーん」という感じでしたが・・・。また挑戦してみたいのですが私はどうすればいいのでしょう???
お菓子は「てきとー」が効かないので難しいですね。
で、肝心の味なのですが、こってりしてるのかな、と思ったら意外とあっさり風味でおいしかったです。砂糖は加えなかったのでダンナにも好評でした。
初めて飲んだカルヴァドスの味は良くわからなかったのですが、結構ケーキとあっていた気がしました。
[PR]
by yamanenokoya | 2007-03-07 23:54 | 料理